Read Article

節分と豆まきの由来!子供に伝えるポイントは!?


2月3日は節分です(*’ω’*)
節分由来1

子供の頃から知っていることと言えば「鬼は~外、福は~内」と言いながら豆まきをするってことくらい(*´Д`)「そもそも節分って何?」「なぜ豆まきをするんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

「節分の由来」や「豆まきをする意味」恥ずかしながら、私自身も知らずに親になりました。せっかくなので正しい由来を知って子供に伝えたいな(>_<)と思い、改めて調べてみました。

 

  • まずは大人向けに「節分と豆まきの由来」「豆まきの正しいやり方」を詳しく。
  • それを子供に伝える「伝え方」を参考に。

とこのような流れでお伝えしていきますね。

  Sponsored Links

節分の由来

節分とは・・・季節の変わり目を意味し「立春・立夏・立秋・立冬の前日」のことを言います。だったら節分は4つなの?と思いますよね。現代では、立春の前日(2月3日)のみを節分と言うそうです。

なぜ立春の前日だけ節分と言うようになったの???

その理由は・・・

昔、立春は、新年(正月)だった。
旧暦では、立春を1年の始まり、1年の境目と考えられていたそうです。
(※今でも中国や香港、台湾などでは、旧歴の旧正月である春節に大型連休があったりお祝いをします。)

つまり、立春の前日である2月3日は、今で言う大晦日で1年の最後の年と考えられていました。

  • 節分(2月3日)・・・は昔、大晦日
  • 立春(2月4日)・・・は昔、元日(正月)

新しい年の前に鬼(邪気)を払い、災いのない一年になるようにと願いを込めて、また福を呼び込むために、2月3日の節分に豆まきが行われてきたそうです。

4つあった節分の中でも、1年で1番大きな節目である立春の前日(2月3日)が「節分」として、今も残ったと考えられています。

  Sponsored Links

豆まきの由来

節分に豆まきをするようになったのは、室町時代ごろから始まったと言われています。そこでふと、疑問なのが、なぜ!?「」なのか?

豆まきの由来

  • 奈良時代に行われていた追儺(ついな)と言う行事で豆をまいて厄払いをしていた為、その風習が残った。
  • 昔から、米や豆には邪気をはらう力があると言われ、特に豆は大きいのでより悪霊をはらうのに最適とされた。
  • 昔話「京都の鞍馬山に鬼が出た時、大豆を鬼の目に投げつけ鬼の退治に成功した」ことから、豆をまくようになった。
  • 豆には、縁起の良い語呂合わせがある!
    【魔(鬼)の目→魔目(まめ)】【魔を滅する→魔滅(まめ)】

古くからの風習の為、豆まきの由来は色々あるようです。
古く昔、疫病や災害などの恐ろしい事は、目には見えないの仕業だと考えられていたそうです。
豆は鬼退治に大活躍し、また語呂合わせや縁起の面でも良いと言うことで、豆をまくのが現代でも残っていると言う事です。

 

豆まきで使用する豆は・・・
豆まきで使用する豆は、必ず炒った豆を使いましょう!!!
豆を炒ることは、魔目を射るという語呂合わせにも通じますし、また豆まきをした後、拾い忘れた豆から芽が出ると縁起が良くないとされていて豆を炒っておくことでそれを防ぐことが出来ます!

 

市販されている節分用の豆は、最初から炒って福豆として売られていると思いますので、その場合は安心です(*^_^*)

 

豆まきの正しいやり方は?改めて知っておこう!

豆まきの正しいやり方って知っていますか?
せっかくの行事なので、どういう風にやればいいのか一応知っておきましょう!!
節分豆まき5

1.事前にする事
福豆(炒った豆)を升に入れ、豆まきをする直前まで神棚にお供えしておく。
(神棚がない場合は、タンスの上など高いところに、白い紙を敷きその上にお供えする)

2.豆まきスタート!
節分の日の夕日が沈む頃の時間に、窓を開け、家の中から外に向かって豆をまく。
(家の主人かその年の年男が「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまきます。)

3.豆まき終了!
鬼をはらったら、窓を閉める。

4.豆を食べ、鬼退治終了!
自分の数え年の数、豆を食べる!
(年の数だけ豆を食べることで、病気にならないと言われています。

正しいやり方を実行するのは大変ですね・・・。
夕方だと、どの家庭の主人も帰宅してない場合がほとんどだと思いますし・・・女性は豆まき出来ないのかい?(+_+)っとちょっと寂しい気持ちになりました。

まぁこれを守らないといけないと言うよりかは、こういう正しいやり方が一応ある!!って事を知ることが大事ですよね!!(^-^;

 

次は小さな子供に節分の説明をする時にどう伝えればいいかを考えてみました。

子供に「節分」を説明する時のポイント!

子供の年齢によって、説明も異なってくるかと思います。

特に子供が小さいうちは、いろいろ伝えても難しく感じるため簡単に説明してあげましょう!!4~5歳なら、下記の説明でいいと思います。

 節分子供1 節分って何?何?
 節分母親1 昔はこの日が大晦日だったんだよ。
新しい年に悪いことが起きないように、豆をまく日が節分だよ。
そして今日は、悪い鬼がやってくるかもしれないのよ。
 節分子供1 ふ~ん。それで、どうして豆をまくの?
 節分母親1 鬼は豆が大嫌いなんだよ~。
そしてこの豆には神様の力が入っているんだよ。

また豆をまくことで、福(楽しいこと)がやってくるよ。
〇〇ちゃんも一緒に豆まきしようね~☆
 節分子供2  うん。豆まきする!

こんな感じの説明でもいいかもしれません。
子供にとって大切なのは、説明よりも体験だと思います。


私自身も、大人になるまで(今日まで)本当の節分や豆まきの由来を知りませんでしたから(汗)。
ただ「私も小さい頃に毎年豆まきやったなぁ~(^^)」と記憶にあるのですが、大切なのはこういう記憶(思い出)だと思います。

(もちろん、きちんとしたやり方、由来を知っていた方が良いとは思いますが・・・。)
節分由来2

皆さんも、節分を楽しんで、今年も福をよびこんで下さいね~♪(^^)/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top