Read Article

こたつで寝ると風邪をひく理由は?怖い病気が潜んでるかも?


寒くなってきましたね。
097592我が家も例年通り、リビングにこたつを出しました。
いや~温かくてとっても気持ちいいです。

こたつに入って、ゴロゴロしながらTV見てる時間は本当に至福の時間です~。

がつい気持ち良すぎて・・・そのまま長時間寝てしまう事ってありませんか?
そして起きたら・・・「もうこんな時間!Σ(・ω・ノ)ノ!しかも喉が痛い!!」っと。

そうそう「こたつで寝ると風邪を引くから寝る時は布団で寝なさい!」と子供の頃から何度も言われてきましたがその理由をきちんと聞いたことはありませんでした。理由を聞いてなかったので「はいはい~分かった分かった~」くらいにしか思っていませんでしたが、どうやらこの話本当みたいなんです。

そこでナゼこたつで寝ると風邪を引くのか、またその他の危険も潜んでいるのかを調べてみました。

  Sponsored Links

こたつで寝ると風邪をひく理由は3つ!!

先に結論からになりますが・・・「こたつ」+「寝る」と風邪をひく(ひきやすくなる理由)はズバリ!!

  • 体温調節が上手くいかず、免疫力が低下する為。
  • 体温の上昇を抑える為に異常な汗をかき、そのまま体が冷える為。
  • 脱水による疲労と喉の乾燥でウイルスに感染しやすくなる為。

ではそれぞれについてみていきましょう♪

1.体温調節が上手くいかず、免疫力が低下する

体温調節機能って何?
人間には本来、体温を37℃前後に保つように体温調節機能が備わっています。
脳の視床下部と言う部分が指示し体温が高ければ発汗させ体温を下げようとし、体温が低ければ震えを起こして体温を上げようとしているそうです。

そして「こたつ」+「寝る」と脳が下記の2つで混乱し、自律神経が上手く機能しなくなり免疫力が低下するそうです。

1.上半身と下半身のどっちに合わせたらいいの(+_+)
こたつに入って寝てしまうと長時間…こたつに入っている部分の下半身は温かくて、上半身は冷たいという体温のギャップが発生します。
このことで、脳がどっちに合わせたらいいのかと混乱し、体温調節機能がうまくいかなくなります。

 

2.寝ても体温が下がらないゾ(+_+)
人間の体(脳)は眠りに入ると、副交感神経が優位になり次第に体温を下げて体を休めようとします。しかし、こたつで寝ると体が体温を下げようと働きかけても、こたつは温め続けるために体温をうまく下げることが出来ません。
つまり体は体温を下げて休息したい!!のにそれが出来ずに脳や体が混乱してしまいます。

脳はこんな状態になっています。
寝るのね~。じゃあ体温下げてリラックスしようかなぁ。

うん?寝てるのに、体温下がらないんだけど‥(@。@)どういうこと??汗いっぱい出しとくかな・・・。

汗出しても体温下がらないよ~。もー分からなくなってきたし疲れた。汗かいて体冷えたし最悪(*_*)
脳混乱
とこんな風に混乱します。

 

結局「こたつ」+「寝る」によって

  • 自律神経(体温調節機能)が乱れる
  • 寝ているのに体が休まらないどころか疲れてしまう。

となり免疫力が下がり→風邪を引きやすくなる。と言う訳です。

 

2.体温の上昇を抑える為に異常な汗をかき、そのまま体が冷える為。

先ほどの体温調節の所でもお話ししましたが、体は眠りに入ると体温を下げようとしますが、こたつに入っている為になかなか下がらない体温を下げようと発汗させます。
本来とは違うとても不自然な汗です。そして汗が気化する際に体温が奪われ、体が冷えて、風邪をひきやすい状態になります。

 

3.脱水による疲労と喉の乾燥でウイルスに感染しやすくなる為。

こたつに入っていると汗をたくさんかく状態にも関わらず、眠っている為に水分補給も出来ずに、脱水症状を引き起こしやすくなります。
脱水状態によって体が疲労状態になるのはもちろん、体内の水分が奪われ喉や鼻の粘膜の乾燥を引き起こし、空気中のウイルスに感染しやすい状態になります。

また風邪だけにとどまらず…こたつでの脱水状態は更に危険な場合も・・・

脱水が引き起こすその他の病気
こたつで寝て大量に汗をかいてしまうことで便秘や脳梗塞になることもあるそうです。

  • 便秘・・・こたつで寝て大量に汗をかいてしまうことで、大腸の水分までとっていかれて便秘を引き起こすんだそうです。
  • 脳梗塞・・・こちらも大量に汗をかいてしまうことで、血液中の水分が不足し血液がドロドロになってしまいます。
    そしてもし脳の血管がドロドロの血液によって詰まってしまったら脳梗塞になります。
    特に血管が細くなっているお年寄りの方はこたつで寝るのは注意した方が良いです!

温かくて気持ちいい~とつい寝てしまう「こたつ」ですが…
どうも起きた時に「疲れた~」と感じたり「あッ。汗めっちゃかいてる」と感じるのはこの為だったようです。

  Sponsored Links

 

また家族がこたつで寝てしまって、起きない場合などもあるかと思います!
こたつ風邪1

そんな時は…

1.こたつの電源を切りましょう!
寝ていて起きない場合は、まずこたつの電源を切りましょう!
こたつの電源を切ることで、体の体温調節機能がまともに働くようになります。
途中で「寒っ」と起きて布団に行ったら逆にしめたもの(^^)/。
2.上半身に毛布を掛けてあげる。
こたつの電源を切っても、起きない場合は上半身に布団を掛けてあげましょう!
そうすることで次第にこたつが冷たくなっても、上半身に布団がかかっているので、冷えません。

こたつに入ると本当にポカポカで気持ちよくって…つい寝てしまいそうになります。
こたつ 風邪

ただこたつで寝ると風邪をひきやすくなるのは本当だったし、中には脳梗塞になる可能性もある!ので、こたつの利用方法を見直して、

  • こたつでは寝ない!
  • 寝るとしても短時間だけ寝る。
  • もし寝てしまったら起きた時に必ず水分補給をする!

ようにしてみて下さい☆
気をつければ怖くない、こたつ愛用者としてこたつと上手く付き合っていきましょう♪

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top