Read Article

インフルエンザに!授乳は大丈夫?


毎年きまって流行しているインフルエンザ・・・とてもしんどくて怖い病気ですよね。

私も現在8か月の赤ちゃんを母乳で育てています。
もしも母親自身がインフルエンザになった場合授乳についてまとめてみました。

  Sponsored Links

インフルエンザの症状が出たら・・・

インフルエンザの場合は、寒気が強く、38℃~40℃の高熱全身の関節痛・筋肉痛、頭痛、全身の倦怠感などの全身症状が現れます。

病院このような症状が出たらインフルエンザを疑い、内科のある病院に一度電話で、どうしたら良いか聞いてから受診しましょう。(マスク着用を忘れずに!)
(※授乳中なので、なんとなく産婦人科かなと考える場合もあると思いますが、産婦人科には他の妊婦さんにうつしてしまう可能性があるため、避けて下さい)
そして、受診する際は、現在授乳中であることを確実に伝えましょう!(出来るだけ赤ちゃんに影響の少ない薬を処方してくれます。)
 

母乳からの感染はあるか?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。
母親がインフルエンザに感染してしまった場合に、母乳によって赤ちゃんにインフルエンザが感染することはありません。
(母乳を介して母親のインフルエンザが赤ちゃんに感染したという報告は現段階でみられない為に、母乳自体は与えても大丈夫だと考えられています。)

 

母親が直接母乳を与えても良いか?

上記のように「母乳自体からの感染はない」とされていますが、インフルエンザに感染したママが直接授乳を行うと、授乳時に赤ちゃんと密着した近い状態になるため、咳やくしゃみなどの飛沫感染・空気感染・接触感染によって感染することが考えられています。
このことから、ママがインフルエンザに感染している場合には、搾乳してパパやほかの人に与えてもらうようにしましょう。

日本産婦人科学会では、
1.タミフルまたはリレンザを2日以上服用していること
2.熱が下がっていること
3.せきや鼻水がほとんどないこと
4.マスクを着用すること
5.授乳前によく手を洗うこと
の5条件をすべてクリア出来ていれば、ママは赤ちゃんに直接授乳してもよいとされているようです。

  Sponsored Links

抗インフルエンザ薬を飲んだ時の母乳は?

授乳中の母親がインフルエンザの薬を処方された場合、その薬を飲んでよいものか悩みますよね。母乳を介して赤ちゃんに何らかの影響があるのではないかととても不安になります。

インフルエンザになった場合に処方される薬には、タミフル、吸引型としてリレンザイナビル、解熱剤としてはカロナールが処方されることが多いと思います。
授乳中である旨を伝えて、処方されたこれらの薬を飲んだ場合にその薬の成分が母乳中に移行する量は微々たるものだそうです。

しかし服用中の授乳に関しては、医師によって意見が分かれており、「服用中は母乳を与えることを避けるように指示を出す」医師も多いようです。

医者また赤ちゃんの状態によって医師の判断が変わる可能性もある為、必ず医師の指示に従ってください。

 

授乳を中断する時

上記のような、医師から「薬の服用中の授乳を避けるよう」指示された場合や、どうしても授乳を中断しなければならない時は、3時間おきに搾乳をしましょう!
搾乳することで、乳腺炎などの母乳に関するトラブルを防ぎ、また分泌を維持することが出来ます。

新生児期の時から、たびたびお世話になっている搾乳器→メデラの搾乳器

 

授乳中赤ちゃんに感染させない為に

母親がインフルエンザに感染している場合に、赤ちゃんにインフルエンザを感染させない為に一番いい方法は「赤ちゃんに近づかない、接触を避ける」ということです。
もし家族のサポートが得られるなら、旦那さんや周りの家族に粉ミルクをあげてもらうか、母乳を搾乳して哺乳瓶に入れて、それを飲ませるという方法が良いです。
静養が必要な母親自身にとっても、この方法が出来れば、一番ベストですよね!(母親自身が看病されたい側なので。)

ただ、とてもしんどくて辛い状況になりますが、環境が整わず頼れる人がいない場合もあると思います。
赤ちゃんに触る前はしっかりと手洗いとうがい、マスクをして、部屋は換気しできるだけ乾燥しないようにするなどの対策を取りながら乗り越えて下さい。

 

最後に

インフルエンザも風邪等と同様に、まず母親自身が体調が悪い状態の中で育児をしていくのは、とてもとてもしんどいです。
どうか無理をしないで、早く回復出来ることを願います!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top