Read Article

豆乳の調整と無調整の違いは!?飲み過ぎ注意!!


豆乳って良質なたんぱく質やイソフラボンなどが有名でよくメディアで取り上げられますよね。肌がつやつやになるとか……。

我が家の場合は夫がちょくちょく飲んでいます。私自身は好んでは飲まないので、思い立った時に飲む程度です。先日スーパーでどれを買おうかなぁ~と思った時に悩んだのが調製豆乳と無調整豆乳。

この豆乳の調製と無調整の違いって何??
調整って……いったい何を調整しているの?と気になったんです。

今まで味比べや成分比較などしたことなかったので、それなら豆乳2つとも購入して比べてみよう!!ってことで調べてみました。

  Sponsored Links

調製と無調整の違い・表示には決まりがあった!

調製と無調整の呼び方には、JAS規格で一定の決まりがあります。

調製豆乳……大豆固形分6%以上・大豆タンパク質3.0%以上・砂糖や塩や乳化剤・香料を入れてより飲みやすいように調製したものが調製豆乳です。

 

無調整豆乳……大豆固形分8%以上・大豆タンパク質3.8%以上・原料は基本的に大豆と水だけを使ってつくられています。

大豆
無調整豆乳はいわば大豆をしぼって出てきた時点のそのままの状態のモノです。豆乳の作り方ですが…①大豆を水につけて→②煮て→③絞った汁が豆乳です。つまり大豆のしぼり汁=豆乳。

そして豆乳に「にがり」を入れると豆腐が出来ます!!
無調整豆乳で豆腐が作れるそうです。クックパッドに作り方が載っていたので興味のある方は作ってみても…。☆簡単♪5分!豆乳で手作り豆腐

 

余談ですが・・・調製と無調整で漢字が違うの知っていますか??私もパッケージを改めて見てはじめて違いを知りました!!

「調製〇」が正しい
漢字で書くと……

  • 調製豆乳
  • 無調整豆乳

なんです。
豆乳11
調製豆乳は豆乳に新たに添加物などを入れ二次的加工・製造されているので調製と言われているそうです。逆に無調整豆乳は原料成分は大豆と水のみと言うことで何も調整していないので無調整豆乳とそのまま言うそうです。

では次は栄養面での違いを見ていきましょう。

  Sponsored Links

栄養面ではどう違う?どっちがいい?

あ豆乳333

豆乳には、代表的な4つの成分が含まれています。
良質なたんぱく質・脳の活性化に役立つと言われているレシチン・脂肪の吸収を抑えられると言われている大豆サポニン・女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするイソフラボンがありますが・・・どれも無調整豆乳の方が若干上回っています。

と言っても……さほど変わらないですのでここは好みかなぁ~と思います!!私の場合無調整豆乳だと飲みきれずに、余らせてしまったりする人間なので調整豆乳がいいかな(*^_^*)
 

豆乳って飲めば飲むほど体に良いの?

豆乳は健康に良い飲料と言うことで有名ですが、飲めば飲むだけ体に良い!と言う訳ではないんです!!

過剰摂取に注意!
豆乳に含まれている大豆イソフラボンの一日の摂取量70~75mgまで(成人の場合)と内閣府・食品安全委員会が設定しています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、過剰摂取すると生理周期がおかしくなったり、女性特有の疾患(乳がんや子宮がんなど)にかかるリスクも高まるそうです。
(特に15歳未満や妊娠中・授乳中は、過剰摂取に気をつけた方が良いとのこと!)
ばつ

じゃあ豆乳は1日にどれだけの量飲めばいいの?ってことですが・・・1日200mlぐらいがちょうどいい(*^_^*)です!
 
上記の200mlパックの場合は(調製43mg・無調整56mg)イソフラボンが入っています。日本人の場合は、納豆や豆腐、味噌汁、醤油などのその他の食事からも大豆イソフラボンを摂取していますよね。

下記のイソフラボン含有量の目安を参考に見て下さい。

イソフラボン含有量の目安
・納豆 1パック(50g)…65mg
・豆腐 1/2丁(110g)…55mg
・みそ 大さじ1   …7mg
※商品やメーカーによって若干違います。

 
納豆だけでも既に結構イソフラボンを摂取出来てるのが分かりますよね。なのでむしろ「今日はファストフードばっかりで豆類とってないなぁ~」と言う日に飲むぐらいでもOKなレベルだと思います。

何でもですが適量をほどほどに……と言うのが大切みたいです(*^_^*)

次は味がどのぐらい違うのか?実際に飲んでみました♪

味はどう違うの?美味しいのはどっち?

豆乳211
コップに入れて比べてみると、色は調整の方は乳化剤が入っているからか若干白っぽく、無調整の方はうすーい緑っぽい色をしていました。

  • 調製豆乳…甘くて飲みやすいです(*^_^*)美味しい。さらっとしています。
  • 無調整豆乳…大豆本来の味。まさに豆腐を飲んでるような。ちょっとドロっとしています。ただなんだか健康になりそうな感じ。

味は私は、調整豆乳の方が美味しく感じましたが・・・こればっかりは好みですから無調整豆乳好きな人もいると思います。

そうそう無調整豆乳が苦手な私ですが・・・夫がたまに作ってくれる豆乳・黒ゴマ・バナナジュースにすると、とっても美味しいです!

☆無調整豆乳で作る豆乳・黒ゴマ・バナナジュース!の作り方
★材料 1人分

・無調整豆乳 200ml
・バナナ    1本
・黒ゴマ   大さじ1

これらを後はミキサーにかけるだけです!!とっても美味しく豆乳を飲むことが出来ますよ☆

バナナ-horz

☆バナナは完熟になってる方が甘くて美味しいですよ☆
☆豆乳は冷えてるものを使いましょう!

 


話がだいぶ脱線しました<(_ _)>

今回は調製豆乳と無調整豆乳の違いを見ていきました。

  • 調整豆乳は添加物を加えて飲みやすくしたもの。
  • 無調整豆乳は添加物は入っていない。純粋な大豆のしぼり汁
  • 成分量は無調整豆乳の方が若干上回る!

と言う事でした。

料理で使用するのか純粋に飲むのかなど、目的に合わせて選んでもいいなぁ~と調べて見て思いました。参考になれば幸いです♪

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ありがとう。いろいろとためになりました。
    でも肝心なところが抜けてます。←わたしにとって。
    それを調べつつ、ここに立ち寄った訳だけど。
    最近まで何も考えずに調製豆乳ばかり飲んでたんだけど、もちろん健康のためにね。
    調製豆乳は無調整より甘めで飲みやすいからね。
    でもね、これって「みずあめ」なんかで飲みやすい味に調整してるんですよね。
    健康のために飲んでるのに、望まない糖分を一緒に取るのもどうよって感じです。
    それで、どの程度糖分が含まれてるのかが知りたくてウロウロしてるわけです。
    いろんなメーカーのHPを見ても表記されてなくて、とても気になるところですね。

  2. iii様

    コメントありがとうございます。

    >どの程度糖分が含まれてるのかが知りたくてウロウロしてるわけです。
    確かに糖分の量は、成分表示にも記されていませんね。

    う~ん申し訳ないです。
    糖分もですが…イソフラボンも摂取し過ぎは、注意なのでお互い気を付けましょう♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top