Read Article

十五夜2018年はいつ?満月ではない理由や十三夜の事も!!


秋と言えば「十五夜」
「中秋の名月」や「お月見」と言われたりもしますね。
十五夜満月
秋の夜長、虫の鳴き声を聞きながら「ぼー」っと綺麗な月を眺めるのも風情があっていいものですよね(*´ー`*)ノ

で…今年の十五夜はいつ?と言うことで今回は2018年の十五夜がいつなのか?十五夜に次ぐ美しさの十三夜がいつなのかについてお伝えします!!

  Sponsored Links

2018年の十五夜はいつ?

早速ですが2018年の十五夜は…

  • 2018年9月24日(月)祝日です。

2018年十五夜いつ

と言うのも十五夜は毎年決まった日と言う訳ではないんです。
十五夜とは旧暦の8月15日の事をさし、今年はその旧暦の8月15日が9月24日(月)祝日になると言うことですね(*´ー`*)ノ。

今年の9月24日!晴れるといいですよね(*^^*)

あっそうそう…十五夜って9月のイメージがあると思いますが、こんな風に10月上旬になることもあるんですよ↓↓

十五夜の日付

  • 2018年の十五夜 9月24日(月)
  • 2019年の十五夜 9月13日(金)
  • 2020年の十五夜 10月1日(木)
  • 2021年の十五夜 9月21日(火)

十五夜は旧暦をもとに考え出しているので、現在の新暦になおすと9月中旬~10月上旬という具合になってしまうんです。

私たちが現在カレンダーとして使っているのが新暦(太陽の動きを基準にしているもの)で昔使われていたのが旧暦(月の満ち欠けを基準にしたもの)です。

旧暦では新月(太陽の方向にあって見えない月)になる日を月の第1日として考え、新月から15日目を「十五夜」と言っています。

☆十五夜の日にちを知るのは…旭川情報ねっとさんのサイトが便利です。

 

  Sponsored Links

「中秋の名月」も旧暦がもとになっている…

中秋の名月
なぜ十五夜(旧暦の8月15日)が中秋の名月というのかも旧暦で考えればすぐ納得出来ますよ。

旧暦で秋は7月~9月です。旧暦の8月はちょうど秋の真ん中になるので「中秋」
そして十五夜の日は、満月(または満月に近い形)でとても明るく綺麗な「名月」である為に「中秋の名月」と呼ばれています。

 

十五夜=「満月」という訳ではないよ!

十五夜
また十五夜と言えば「綺麗な満月の日」というイメージかもしれませんが、厳密に言うと必ずしも満月の日ではないんです。

むしろ1日程度ズレている場合が多いんですよ…。((≡ ̄♀ ̄≡))/。

十五夜と満月の日付

  • 2018年の十五夜は9月24日、満月は9月25日
  • 2019年の十五夜は9月13日、満月は9月14日
  • 2020年の十五夜は10月1日、満月は10月2日
  • 2021年の十五夜は9月21日、満月は9月21日!!!(十五夜と満月がやっと同じ!)

このような感じで…。
 
その理由は満月になる周期に幅がある為です!!

月の満ち欠けの周期は29.5日。
でその半分の約15日ごとに「新月⇒(約15日後)満月⇒(約15日後)新月⇒(約15日後)満月…」と繰り返しています。

がこの新月⇒満月になる周期がピッタリ15日周期ではなく実際は14日~16日と若干ズレが生じているんです。なので「十五夜=必ず満月」という訳ではないんです。

まぁ十五夜の日が完全な満月でなくても「ほぼ満月」な事には変わりありませんからね♪

動画

月の満ち欠けの分かりやすい動画を見つけたのでご紹介します。

(※音のない2分11秒の動画です。)

 
ここまでは十五夜について見てきました。

ただ十五夜の頃ってちょうど秋の長雨や台風シーズンで天候が悪い事が多いんです(*_*)・・・なのでもし十五夜のお月見が出来なかった方は十三夜のお月見をしてはいかがでしょう?

十五夜は中秋の名月として最も月が美しいとされる日ですが、その十五夜に次ぐ美しい月と言われているのが「十三夜」の月です。

  Sponsored Links

2018年の十三夜(じゅうさんや)はいつ?

十三夜は「旧暦の9月13日」の事で2018年は10月21日(日)です。
2018十三夜いつ
 
十五夜しか知らなかったよ(´・_・`)。と言う方もいるかもしれませんが、実は十三夜も結構有名なんです。始まりは諸説ありますが醍醐天皇(平安時代)の「観月の宴」が始まりだとされています。

また十三夜には別名もあり、満月が少し欠けている形から「栗名月」と呼ばれたり豆をお供えする地域もあって「豆名月」と呼ばれたりもしているそうです。もし十五夜を見逃した方は十三夜にお月見をしてみるのもいいですね!


今回は2018年の十五夜はいつ?について見てきました。

十五夜とは旧暦の8月15日の事。
旧暦は新月(太陽の方向にあって見えない月)になった日を月の1日目と考え、ちょうど15日目の満月(または満月に近い日)を十五夜と考えます。

  • 2018年の十五夜は9月24日(月)・祝日です。
    また十五夜に近い日で満月の日は9月25日(火)です。
  • 2018年の十三夜は10月21日(日)です。
    また十三夜に近い日で満月の日は10月25日(木)です。

 
では今年の十五夜または十三夜の日が晴れるといいですね(*^^*)
当日天気が良くない時は少し日付を替えて満月の日にお月見してみようと思います。

お月見と言えばお団子お団子~!!(←オイっ( ・`д・´))

【関連記事】
お月見の「うさぎ」の由来は2つ!!餅つきの理由が切なすぎるっ!!
月見団子の由来や意味!団子の数や乗せ方なども詳しく!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top