Read Article

【2018年】年賀状いつまでに出せば元旦に届く!?投函はいつまで!


年の瀬が近づいてきましたが年賀状の準備は進んでいますでしょうか?

仕事をされている場合、年末年始休暇に入ってから急いで作成する方も大勢いると思います。私も毎年そのタイプで冷や冷やしながら作成しています。ただせっかく年賀状を出すならやっぱり元旦には相手側に届いて欲しい!!ですよね。

そこで…

  • 年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいいのか?
  • またそもそも年賀状はいつまで出せるのか?

が気になり調べてみました。
それでは一緒に見ていきましょう!!

  Sponsored Links

年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいい?

年賀状を受け取る側の気持ちになった時に嬉しいのはやっぱり元旦に届いた年賀状!!1月2日以降に届くと「もしかして自分が送ったから送り返してくれたのかなぁ~汗。」など…少しばかり不思議な気持ちになる時もありますよね。

日本郵便のホームページ上に掲載されている情報は…

一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日までに差し出していただきますようお願いします。

12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状もできる限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。

なお、年末押し迫っての差出しが集中した場合、地域によっては元旦にお届けできない場合がありますので、ご了承ください。

引用元:日本郵便 年賀状の引受・配達について

と掲載されていました。
つまりほぼ確実に元日に届けたい場合は12月15日(金)~12月25日(月)までが期限!!ということになります。ですので急げる方は可能な限り頑張って間に合わせて下さいね!!

では26日以降はどうなるのでしょうか?

12月26日以降に出すと…

☆12月26日~28日に投函すると…

12月26日(火)~28日(木)までに投函した年賀状も可能な限り元旦に届けて下さるようです。こちらは最寄りの郵便局員さんに聞いた話で「あくまで可能性ですので断言出来ませんよ」と言われましたが…
郵便配達

  • 近隣都道府県の場合は12月27日(水)午前までに出せば届く可能性が高い。
  • 同一県内の場合は28日(木)までに出せば届く可能性が高い。
  • 同一市内などの同じ郵便管轄内なら29日(金)までに出せば届く可能性が高い。

と言う事でした。

☆12月29日以降に投函すると…

12月29日(金)以降に投函すると1月1日以降順次配達となるようです。

年末年始は各郵便局や集配所でスタッフ総動員でされているようですがやはり人手の問題などで25日を過ぎるとケースバイケースになるようです。

そしてこの日付!!年賀状を郵便局の窓口に出す場合は大丈夫ですが郵便ポストへ投函する場合は注意が必要です。

  Sponsored Links

ポスト投函する際は最終集荷時間の確認を!!

郵便ポストには集荷の時間が掲載されています。
ポスト集荷日時2

ここで注意したいのが、その日の最終集荷時間以降にポストへ投函した場合!!
この場合は翌日扱いになるので注意して下さいね(´Д⊂ヽ
 
例えば12月25日(月)の最終集荷時間以降に投函した分は、翌日26日(火)の集荷時間に収集され26日扱いになるんですよ。。なので郵便ポストへ投函する場合は最終集荷時間を過ぎていないか確認しましょう!!

 

どうしても元日に届けたい場合は?

これはどうしても元日に届けたい場合の最終手段の方法になります!!
12月29日以降に年賀状を作成し終わり、どうしても元日に相手に届けたい場合は郵便局のゆうゆう窓口にて速達郵便で送ると言う方法もあります。
 
速達郵便の場合は近隣都道府県の場合は翌日に配達することが可能です。どうしても元日でなければならない場合はこの方法も1つです。

  Sponsored Links

年賀状はいつまで出せる!?いつまでなら失礼にならない?

年賀状はいつまでに相手方に届けば失礼にならないでしょうか?

  • うわぁ~間に合わない!!いつまでならいいんだろう!?
  • また…届いた年賀状への返事をしなければならない!!

こんなケースありますよね。。では一緒に見ていきましょう♪

1.年賀状は松の内までに届けば大丈夫です!!

年賀状は松の内と言って門松を飾っておく期間までが良いです。
門松

松の内は関東では1月7日まで、関西では1月15日までと言うように地方によって日にちが違います。

ただ全国的には1月7日の場合が多いです。ですので無難なのは1月7日までに年賀状は相手方に届いた方がいいです。確かに1月7日を過ぎると仕事や学校も始まってお正月気分も抜けてきますよね。


そして更に・・・

☆1月8日投函分からは52円→62円に値上がりします!

詳しくはこちらの記事に書いています↓↓
年賀状の値段が投函日によって変わるっ!1月8日からは注意!!

 

☆1月8日投函分からは消印が押されることに!
消印
本来年賀状には消印は押されません!!…にもかかわらず1月8日投函分からは年賀はがきであっても消印が押されるようになります。これって少し失礼ですよね…(>_<)。

 
ですので1月6日以降に遅れて年賀状を出す場合は松の内を過ぎてしまう可能性があるので…年賀状ではなく別の方法にしましょう!!!
 

2.もしも松の内を過ぎてしまったら?

相手に届くのが1月8日以降になってしまいそうな場合は年賀状は送らずに普通のハガキで寒中見舞いを出しましょう!!

年賀状で寒中見舞いを送ると年賀はがきの余りを処分する為に送っていると思われることになり相手方に失礼になります…(>_<)また寒中見舞いでは新年の挨拶を主とするよりも相手の体調を気遣った文面にしましょう。

寒中見舞いとは?
寒中お見舞い
二十四節気の小寒~大寒までの期間(通常1月5日頃~2月3日の節分まで)のことを寒中と言います。寒中見舞いは一年の中で一番寒いこの時期に相手の体調を気遣って出す挨拶状のことです。

 


年賀状を元旦に届ける為にはやはり12月15日~25日の間に投函出来るようにするのがベストだと言う事が分かりました。

また年賀状を出せなかった場合や遅れてしまった場合は寒中見舞いとしても出すことが出来ると言うことで少し安心ですね(*´ω`*)そして本来、年賀状や寒中見舞いとして一番大切なことは「相手への感謝の気持ちや思いやりを伝えるのが目的」ですので余裕がある時は感謝の気持ちを綴るのもいいですね!

年賀状作成中は宿題のような辛い気持ちになったりもしますがお互い頑張りましょう(*^_^*)/

関連記事
書き損じ年賀状は交換出来ます!手数料や期限など詳しく!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top