Read Article

インフルエンザの予防!赤ちゃんにうつさない為にしたいコト!


毎年大流行している「インフルエンザ」・・・とても感染力が強い為に、家族の中の1人が感染してしまうと、その後家族全員に感染してしまう可能性があります。

私も過去にインフルエンザに感染したことがありますが、近くに頼れる人がいない為、もしあの状態で育児もしなければならない事になってしまったら・・と思うと想像するだけでもこわいです。

そんなインフルエンザにもしも赤ちゃんが感染してしまったら、重症化しやすいため大人以上に心配です。→赤ちゃんの症状と合併症
そこで赤ちゃんがいる家庭で「インフルエンザにならない為の予防方法」をまとめてみました。

  Sponsored Links

インフルエンザに最も有効なのは?

インフルエンザは毎年12月~3月頃にかけて流行しています。
このインフルエンザには、「A型」、「B型」、「C型」があり、このうちA型とB型が毎年、少しずつ性質を変化させながら、大流行を引き起こしています。

A型とB型のウイルスも生き延びる為に毎年少しずつ変異を繰り返していますが、これに対応するために「国立感染症研究所」というところが、毎年流行を予測してワクチンを選定しています。(ほぼ毎年ズバリと当てているようです。すごいですよね(^^♪ ありがたいです。)

病院

そしてこの「インフルエンザの予防法」の中で最も有効なのが、予防接種(ワクチン接種)です。ワクチン接種を受けることで,発症を防いだり、かかっても症状を軽くすませることができます。まずは、家族全員がインフルエンザの予防接種を受けるのが一番の予防になります!

 

予防接種について

インフルエンザにもっとも有効な予防接種についてまとめてみました。

予防接種について

◆インフルエンザワクチン
インフルエンザのワクチンは、不活化ワクチンです。不活化ワクチンとはウイルスの病原性をなくし、体が免疫をつくるのに必要な成分だけを取り出して作られているワクチンです。

◆ワクチンが効くまでの期間
接種してから予防効果が現れるまで、個人差がありますが約2週間ほどかかります。

◆ワクチンの持続期間
ワクチンの効果は約5ヶ月ほど持続すると言われています。

◆ワクチン接種の有効率
ワクチンの有効率は6割ほどと低めですが、ワクチンを接種しておけばかかっても軽くすむことが期待されています。

◆副反応(副作用)
比較的多い副反応としては、接種した部位が赤くなったり腫れたりする、発熱、頭痛、だるさなどがあり、ごく稀に重篤な状態がおこる場合があります。
(※今まで予防接種でアレルギー反応を起こしたことがあるような場合には、医師とよく相談してから受けましょう。また急な副反応は、接種後30分程度で起こることが多いため、その間は安静にし病院内にいるようにしましょう。)

◆推奨されている接種回数
・13歳未満・・・2回
・13歳以上では1回または2回
・65歳以上では1回
(※2回目は、1回目の接種から2~4週間あける)

◆授乳中でも予防接種可能!
・私も授乳中ですがもちろんインフルエンザのワクチンを接種しました。
かかりつけの医師に「インフルエンザの注射は授乳中でも大丈夫ですか?」の質問に、即答で「大丈夫です!問題ありません!」と答えてくれて安心して接種することが出来ました。

・接種しても大丈夫な理由は?
ずばり!インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンだからです!
不活化ワクチンはウイルスを殺し病原性をなくしてあるワクチンなので、体内で増殖することはありません。なので母乳を介して子供に影響があることはないんだそうです。

 

◆母親こそ予防接種を受けた方が良い!
・1歳未満の赤ちゃんは、仮に予防接種をしたとしても効果がさほど期待できないと言われています。母親は、お世話や授乳などで赤ちゃんと常に密着しますよね。母親が予防接種を受けて母親自身が感染していないことが1番の予防法になります。

・もしもインフルエンザに感染してしまった場合に処方される事が多い薬「タミフル」は、お医者さんの間でも意見が分かれるところなんだそうです。
薬を飲まないと体調的にキツイし、逆に飲むと精神的にキツイですよね。こういった理由からも予防接種を受けて出来るだけインフルエンザにかからないようにすることが1番です。

 

◆赤ちゃんはいつから予防接種可能か?
生後6か月から受けることが出来ます。(ただ1歳未満では予防接種をしても免疫がうまくできにくいとされ、接種を推奨していない病院もあります。)

 

◆卵アレルギーを持っている場合は?
・インフルエンザワクチンは、卵を利用して作られるため「卵アレルギー」がある人は、予防接種ができないと言われています。(接種するインフルエンザワクチンの成分または鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のものに対してアレルギーを起こすおそれのある場合は接種できません)まずは医師に相談し、必要であればアレルギーテストを受けてみるのもいいかもしれません。
 

  Sponsored Links

ワクチン以外の予防法は?

予防接種の有効率は60%ぐらいと言われている為、予防接種を受けたからと言って絶対にインフルエンザにかからないとは限りません。
そのため下記の予防法も合わせて行いましょう!

◆手洗い・うがい、マスクをする
風邪などの一般的な感染症の予防と同じで、外から帰ってきたら必ず、手洗い・うがいをしましょう! 赤ちゃんはうがいができないので薄めのお茶を飲ませるのもいいようです。

◆流行期には「人混み」や「外出」を控える
インフルエンザは、かかった人の咳(せき)、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、吸入することによって感染します(飛沫感染)
インフルエンザが流行してきたら、なるべく「人混み」や「外出」を控えましょう!また流行期の病院には、やはりインフルエンザの患者がいる可能性がある為、親が病院に行く場合もなるべく赤ちゃんを病院内に連れていかないようにしましょう。

◆加湿する
空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。加湿器をおき、部屋の湿度を50~60%に保つようにしましょう。加湿器がない場合は、濡らしたタオルや洗濯物を干すだけでも多少の効果が期待出来ます。

◆休養と食事
十分に休養をとり、体力や抵抗力を高め、常日ごろからバランスのよい食事をとることも大切です。

これらの予防法については、風邪などのその他の感染症にも有効なので、日ごろから対策するといいと思います。
 
 

家族間の感染防止

インフルエンザは、感染力が強いため、家族の誰かが既にインフルエンザに感染してしまった場合は、その後の家庭内感染をなんとか防がなければなりません。
その場合は下記の予防法も合わせてしてみて下さい。

◆家族みんなでマスクと検温をする
家族のだれかが感染してしまったら、いつうつってもおかしくない状態なので、体温を測り体の変化はないか確認しましょう。
また使用済みのマスクは、出来るだけ密封して捨てるようにしましょう。

◆手洗いうがいをする
病人の休んでいる部屋から出たらすぐに手洗いうがいをしましょう。病人が鼻をかんだティッシュもウイルスがついているのでビニール袋に密封して捨てた後も、手洗いする必要があります。

◆病人は別の部屋で過ごす
インフルエンザに感染してしまった家族は、出来るだけ他の家族との接触を避けて別の部屋で休みましょう。どうしても別の部屋に出来ない場合は、飛沫感染を防ぐために半径2メートル以内に近づかないようにしましょう。

◆1時間に1度は換気をする
病人が休んでいる部屋の中には、インフルエンザウイルスがたくさん浮遊しています。床に落ちたウイルスは時間が経ては消滅しますが、締め切った室内では比較的長い時間空気中を漂っているとも言われています。空気感染を防ぐためにこまめに窓を開けて換気しましょう!換気をすることで、空気中のウイルスの濃度を下げることが出来ます。

 

最後に

インフルエンザに最も有効なのは、やはり「予防接種」と言うことになります。また出来るだけその後の家族内感染を防ぎたいものです。
日頃の育児だけでも大変なので、もし家族の誰かがインフルエンザに感染してしまった場合は、とても不安でまた疲れると思いますが、これらの予防法を試してどうか家族内感染を防いでいただけたらと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top