Read Article

1歳の絵本でおすすめはコレっ!!親子で楽しめる絵本11選!!


産まれた時はとっても小さい赤ちゃんだった子供も1歳になると…つかまり立ちから次第に歩けるようになります!!

また早い子では「パパ」「ママ」などの単語もはっきりとしゃべれるようになってきます。初めてそう呼んでくれた時のことは私もしっかりと記憶しています。やっぱり感動しますね!!

そして1歳では今までよりも更にいろんなものに興味を示すようになります。この頃に絵本と触れ合うことで言葉の理解も更に深まりますよ。
今回は1歳の絵本でおすすめな11冊をご紹介します!!

  Sponsored Links

1歳児におすすめの絵本11冊!!我が家でも役立った絵本です!

1歳絵本おすすめ
まずは1歳児におすすめな絵本の特徴を知っておきましょう♪

☆1歳の子供が好きな絵本の特徴

  • 繰り返し言葉やリズムがあって楽しい絵本。
  • 仕掛け絵本など子供の興味を引き出す絵本。
  • 動物や乗り物・果物など日常でも登場する絵本。

 
絵本に登場する短い言葉を親子で繰り返したりするのも楽しいですし、めくると仕掛けになっている絵本は子供も興味津々!!また例えば散歩中に見かけた犬や猫に興奮したり、車や電車・バスも大好きになります!そして離乳食などで口にするバナナやリンゴなどの日常の食べ物が絵本に登場するととても喜びますよ。
 
日々いろいろ語りかけはしているとは思いますが…絵本の中には日常でなかなか使わない言葉が出てきたり、様々な色彩や形を覚えることが出来たりもします。子供が笑うと嬉しいのはもちろん!!親が読んでも楽しい絵本もあります♪
 
それでは順番に見ていきましょう!!

1.くだものいろいろかくれんぼ

くだものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん)

こちらの絵本は仕掛け絵本になっています。
絵本の内容は…はじめに果物の色が出てきて「赤くてまあるい果物。なぁんだ?」ページをめくると果物の型に切り抜かれていて「リンゴでした!!」というような絵本です。バナナ、桃、みかん、メロンなど…いろんな果物が登場します。絵が可愛いしページも分厚いので小さな子供でも簡単にめくることが出来ます!!
 
私の娘が初めてはっきりと意味のある言葉をしゃべったのはこの絵本を読んでいる時でした!「モモっ♪」っと。。当時は「そう!これが桃だよ~!!!分かるんだねぇ♡」と本当に嬉しかったのを覚えています!!(超親バカでした。)
1歳絵本1
この絵本シリーズが気に入った我が家では…動物の型に切り抜かれているどうぶついろいろかくれんぼや乗り物の型になっているのりものいろいろかくれんぼ
も購入しました。がこの2つも楽しそうにめくっています☆

 

2.おおきい ちいさい

おおきい ちいさい (0.1.2.えほん)

この絵本は…同じ形で謎の物体(シンプルで不思議な絵なんですけど…でも憎めない。。)大きいのと小さいのが2つ並んでいて「おおきいよ~ちいさいよ~」と…。。ただそれだけなんですが子供は面白いようで何度も何度もリクエストされました。
 
1歳後半ごろから子供自身も「大きい・小さい」の概念が理解出来てきたようで…この絵本の大きい方を指さし「大きい!」小さい方を指さし「小さい!」と言うようになりました!!他で教えた訳ではないので「この絵本のお蔭かもっ!?」と思っています。親の私もお気に入りの絵本です(*^^*)

 

3.きんぎょがにげた

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

金魚がページをめくる度にいろんなところにかくれんぼします。はじめは分かりやすいところに隠れるのですが少しずつ紛らわしいところにかくれんぼ。子供は一生懸命に探し…その分見つけた時は大喜び!!
隠れ場所の発想もユニークだし、また絵自体がとても可愛いです^^。そして最後に逃げたところは…??「もう寂しくないね…」とほのぼの。。

対象年齢は2歳からになっていますが…1歳からでも十分親子で楽しめる絵本だと思います。

 

4.だるまさんが

だるまさんが

「だ・る・ま・さ・ん・が…」のリズムの後にページをめくると…だるまさんがビヨーンとなったり、ドテっと転がったり…この絵本を読みながら娘も体を動かしてだるまさんの真似をします。またプーとおならをするところはケラケラ笑!シンプルな内容ですが子供には大うけだし一緒に楽しめます(*^^*)

だるまさんシリーズであと2冊「だるまさんと」「だるまさんの」もあります。どれもリズムのある絵本ですが私の娘はこの「だるまさんが」が一番楽しそうにしてくれます。
 

5.うずらちゃんのかくれんぼ

うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

こちらの絵本は色彩が鮮やかで素敵です!!(そうそう皇室の愛子様が小さな頃読まれているのがTVに少しだけ映り話題になった本なんだそう。愛子さまも読まれてたならきっと素敵な絵本!と言う事で私も選びました。)
絵本の内容は…うずらちゃんとひよこちゃんがかくれんぼをします。「じゃんけん ぽん!・あいこでしょ!」とジャンケンをして「もういいかい?まぁだだょ」と言葉のリズム。
1歳絵本2
娘はうずらちゃんとひよこちゃんの隠れているところを指さして教えてくれます(*^-^*)そして絵本の最後はこれまた「ほっ」とする内容になっていますょ♪

  Sponsored Links

6.よくきたね (0.1.2.えほん)

よくきたね (0.1.2.えほん)

おかあさんが「おいでおいで」と呼んで子供がこちらにきたら「よくきたね~」となる絵本です。絵があたたかい感じですし読んでいて私自身もやさしい気持ちになれます。この絵本はどちらかというと自分の為に買ったという感じです。汗。。素敵な絵本です(*^^*)

 

7.くだもの

くだもの (福音館の幼児絵本)

この絵本は果物の絵が本物そっくりに描かれていてとても綺麗です!果物のみずみずしさがそのまま描かれていて感動しますょ!

絵本の内容はまずどーんと1つの果物が登場します。そしてページをめくると…切ったり盛り付けしたりして「さあ、どうぞ」とあったかい感じ。内容はとてもシンプルなんですがこの絵本を読むと娘はいつも絵本の中の果物を私に食べさせる真似をしてくれます。

「絵本=絵の本」ってこういうものなんだなと改めて大人も感じることの出来る絵本です。

 

8.でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

こちらの絵本は電車好きの子には最高の1冊だと思います!!
海の駅から出発して山の駅までの道のりが描かれています。1ページおきにトンネルのシーンが出てきて、トンネルを抜けるたびに風景が……。(穴の仕掛けがあり次の景色が少し見えるのも楽しいです。)裏表紙は「でんしゃでかえろう」となっていますので、前からでも後ろからでも読める絵本になっています。その分エンドレスになりがちです汗。。

子供も電車で旅をしている気分を味わえます♪
 

 

9.のせて のせて

のせて のせて (松谷みよ子 あかちゃんの本)

こちらの絵本も乗り物好きなお子さんにピッタリだと思います!!
まこちゃんの赤い車に、動物たちが次々に「ストップ」と手をあげて車に乗り込みます。次はだれが乗ってくるかな?など質問しながら読むのも楽しいですょ。

一緒にオープンカーでドライブしている感覚を味わうことが出来ますょ。また真っ暗なトンネルを抜けと、ぱっっと視界が明るくなる絵のコントラストも楽しいです。
 

 

10.ごあいさつあそび


こちらの絵本は、いないいないばああそび・いただきますあそび…などシリーズになっている仕掛け絵本の1つです。

おうちに皆が遊びに来ます。そして「こんにちわ!!」ページをめくるとお辞儀をしている絵が出ます。娘の反応は予想通り、こんにちわの場面では絵本の動きに合わせてニコニコ一緒にあいさつします。日常の挨拶が楽しく学べますよ。

 

11. 1さいまるごとひゃっか

いつでもいっしょどこでもいっしょ 1さいまるごとひゃっか (まるごとひゃっかシリーズ)

1歳頃の子供が興味を持つ動物・乗り物・食べ物の写真が載ってあるページや…かえるの歌・いーと巻き巻き♪などの歌のページがあったりします。ページ数はそこまで多くないのですが1冊で色々載っている絵本です!!
1歳絵本4
娘が毎回開くページは果物や乗り物の写真のところ……「〇〇はどれ?」と聞いて指さしを一緒にしたりすると楽しいです(*^^*)


今回は1歳の絵本でおすすめ(繰り返し言葉やリズムのある絵本・仕掛け絵本・乗り物・果物などが登場する絵本)の11冊をお伝えしました。どれも我が家で大好評な絵本たちです。

ほんとに1歳頃からますます色んなことに興味が出てきます。また好きなモノや好きな色など個性があらわれるのもこの1歳頃からです!(私の娘は0歳の時から読んでいる「ケロケロみどり」という絵本の影響なのか女の子なのに緑色が大好きなんですよ。。)

やけにこの絵本を引っ張り出してくるな~。この絵本は食いつきいいな~。。など絵本から子供の事が分かったりもします。またどんどんしゃべれるようになるので、これから楽しいですよ!!(もちろん大変な部分もありますが。。)
この記事が絵本選びの参考に少しでもなれば嬉しいです(*^^*)

【関連記事】
赤ちゃんの絵本 0歳児におすすめはコレ!!選ぶポイントは?
2歳児絵本でおすすめはコレっ!!生活習慣が身につく絵本9選!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top