Read Article

乳児湿疹は保湿剤で3割も減少する!?国の研究機関が発表!!


我が家の赤ちゃんの乳児湿疹で皮膚科に通っています。
そこで教えてもらった内容となりますが・・・これを知って改めて保湿の重要性を考えさせられました。

2014年10月1日に国立成育医療研究センターが発表した内容ですので、やっぱり内容に説得力がありますね。

  Sponsored Links

保湿剤を塗ることでアトピーの予防が可能!

「生まれてすぐからの乳児に対して(新生児期)毎日一回以上保湿剤を塗ることでアトピー性皮膚炎の予防が可能になる」との研究結果を国立成育医療研究センターが発表したんだそうです。アトピー性皮膚炎に対して保湿剤に予防効果があると示したのは世界初!とのことです。

生まれてすぐの赤ちゃん

検証内容と結論

国立成育医療研究センターの研究チームでは2010年から3年間、両親や兄弟などの親類にアトピー性皮膚炎の患者や経験者のいる乳児118人を対象に2つのグループに分類し調査を行ったそうです。

  1. 一日一回以上、入浴後などに保湿剤を全身に塗ったグループ(保湿剤を平均で7.8グラム程度を全身塗布)
  2. 特別なスキンケアをしないグループ(皮膚が乾燥した局所のみに軽く(1日0.1グラム程度の量)塗布)
結論
生後1週間目から約8ヵ月間まで継続して行い、専門医によるアトピー性皮膚炎の有無を診断した結果
1.保湿剤を塗ったグループのアトピー性皮膚炎の発症率は、「2.特別なスキンケアをしなかったグループ」に比べて32%も減った!ことが分かったそうです。

これは、保湿することによって「乾燥による皮膚のバリア機能低下を防ぐことが出来た為」だと考えられています。
また食物アレルギーと湿疹との関係では、肌に湿疹が出来ている状態は、バリア機能も落ち、食物アレルギーが発症する可能性が増えるそうです。

つまり・・・

医師1①保湿で、肌を正常(湿疹がない状態)に保つ

➁アトピー性皮膚炎でない状態も維持できる!

➂経皮感作(皮膚のバリア機能低下により、皮膚からの食物アレルギー原因物質が侵入)を予防できる!

➃食物アレルギー発症の予防にもなる!

とのことです。
※「経皮感作と言って、食物アレルギーは皮膚から入り込んで起こる」ことが最近は分かって来たんだよ~(^^♪ と皮膚科の先生に教えてもらいました。

  Sponsored Links

私の気持ちと今後の対策!

私は、新生児期には保湿剤を塗ってあげていませんでした。生まれてすぐの新生児期から塗っていれば、違ったのかなぁ(>_<)と自分を責めてしまう時もあります。

ただ受診している皮膚科の先生に言われたことは・・・

  • 今後のことを考えましょう♪保湿は、肌を守る為に重要です。少なくとも3歳ぐらいまではずっと継続して塗ってあげましょう♪
  • 保湿をしてあげることで、正常な肌を保つことが出来ます!保湿剤はたっぷり塗りましょう!!

今回の発表で、保湿の重要さを改めて理解出来ました!
離乳食を開始して食物のアレルギーも心配の種だったので、言われたように保湿を全身にたっぷりとして正常な肌を出来る限りキープしてあげたいなぁと思います。

洗顔後自分の肌の化粧水を塗るのは忘れている私ですが(*´Д`) 可愛いわが子の為に一緒に頑張りましょう♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top