Read Article

妊娠中のMRIの影響は?12週で検査した私の体験!


妊娠したのにもかかわらず、MRIを受けなければならないケースはあります。

実は私自身がそうでした。第2子の妊娠を知り喜びも束の間…突然(妊娠8週頃)に卵巣腫瘍の疑いが浮上し・・・大学病院にてMRIを受けなければならなくなりました。

今回は、不安だった当時の私のMRI体験をお伝えします。

  Sponsored Links

MRI胎児への影響は?

MRI

そもそもMRIって何?
MRIは強力な電波(磁場)を使い、体内の水分に作用させて画像を撮影します。CTと違い放射線を使わないので被ばくの可能性がなく、小さな子供でも安心して検査することが出来ます。

「比較的安心して検査出来るMRI」・・・自分の身1つならなんら躊躇うこともないMRIですが…心配なのは、妊娠中だからです。
お腹の中に赤ちゃんがいる場合は、直接の胎児への影響が分からないからこそ、とても不安になります。

妊娠中のMRIの影響は?
基本的(原則的)には妊婦はMRIは受けれません。
理由はMRI自体は無害と考えられていますが…胎児への影響が完全には解明されていないから。

私の担当医師は

医師
そもそも「臨床実験をしていいですよ!」と考える母親がいないので、証明されていないのが現状です。
ただしMRIを受けることが、医学的判断を下す上で、有益であると判断した場合には検査を行った方がいいでしょう。

当病院で妊婦さんでMRIを受ける方も多くいますが、基本的にMRIの影響はないと言えますね。また〇〇さんの場合、MRIの画像を見ないとなんとも言えないので、早急にMRIを受けましょう!

との事でした。

妊娠12週でMRIを受けることに決めました!

私自身もいつMRI検査を受けるかの時期については、すごく悩みました。夫は「医師がMRIは大丈夫!と言ってるならすぐにでも受けた方が良い!」と言っていました。

私の場合卵巣が異常に腫れていた為…確かにもし悪性腫瘍だった場合は、そもそもの妊娠継続自体も難しくなり早急に治療に専念しなければならないからです。

不安になって私自身も、インターネットで色々と調べてみると

  • 「妊娠初期でも大丈夫!」
  • 「妊娠初期は好ましくない!」

 
など様々な意見が目に飛び込んできました。

医師の意見、夫の意見、ネットの意見・・・様々ですが最終的には自分の体の事!自分で決めなければなりません。

私はもし妊娠を継続できる場合に、極力不安材料は残したくないな!と考え、妊娠初期の胎児の器官形成期が終わる妊娠12週にMRIを受けることに決めました。

  Sponsored Links

MRI検査の経験と感想

MRI室の前に行くと他の多くの予約患者さんが座って順番を待っている状態でした。

そして私の番がやってきました。
最終的な説明を受けた後、肌着以外の服をすべて脱いで用意されていた検査服に着替えました。

MRI室に入室。

狭いMRIのベットに横になり、画像診断する下腹部に金属のようなものをセットされ、手には緊急呼び出し用のボタンと耳にはヘッドホンをつけられました。

そして狭い筒状の機械の中にゆっくりと入っていきました。私は身長153cmぐらいの小柄体系なのですが、こんな小柄な私でもギリギリに感じるほどのスペースです。(閉所恐怖症の方は本当に怖いかも)

「これから始めます。30分程度です。」

耳のヘッドフォンからは医師の声が聞こえました。

MRIの音はとても大きくて、また不思議で奇妙な音が鳴り響きました。

  • 「ピヨ~ピロロロロ」
  • 「トントントン」
  • 「ガンガンガン」
  • 「ウィーンウィーン」

宇宙人などで、普通の生活ではあまり馴染みがない音でした。宇宙空間にいるような…。MRI装置が電磁波を発している音なんだそうですが、馴染みがない音だけに「おなかの赤ちゃん!どうか無事でいてほしい」と不安な気持ちにもなりました。

ただ・・・音こそ大きいですが、もちろん痛みなどは有りません。

「もうすぐ終了します。」
とヘッドフォンから聞こえMRIが終了し、その日は支払いをして帰りました。
 

MRI検査の費用は?

MRI費用各病院によってMRIの費用も若干違うと思いますが・・・私の場合(自己3割負担)でMRI検査費用は、6,240円でした。
もう少し高いのかなと思っていたので、これくらいで済んで良かったです。

MRIの装置自体の値段は、なんと1台20億円以上するんだそうです。
だから、大きな病院にしか置いてないんですね。予約もいっぱいだったし…。

 

MRI検査から1週間後

私の場合、1週間後に検査結果を教えてもらえました。(緊急時などは、当日教えてもらえる場合もあるようです。)
医師によるMRI画像診断の結果、当初問題視されていた卵巣の腫れがひいていて、結果的に卵巣腫瘍の疑いもなくなりました。

ホッとしました・・・(*´Д`)。
ただMRIを受けなければ、卵巣が小さくなっているのか、現時点でどんな状態なのかは分かりませんからMRIを受けて不安がなくなり本当によかった!と思っています。
 

赤ちゃんが無事産まれました!!

38週で赤ちゃんを出産しました!
妊娠中MRI10
当時(ほんの数か月前)はとても不安な気持ちでしたが、結果的に今のところ子供に何の問題なく無事、健康に産まれてくれました。

ほんの1例ですが・・・私の例も「妊娠中にMRIを受けても大丈夫だった」という例にはなると思います。


妊娠中にMRI検査を受けなければならない状況は、本当に様々だと思います。医師から受けましょう!と言われた場合は、少なくとも緊急性があるからだと思います。

赤ちゃんもですが、まずはあなた自身の体も大切です!!

MRI検査を受けることで

  • もし何か見つかれば…早期発見出来て良かった!
  • 何も見つからなければ…何もなくて良かった! 

となると思います。

どうか担当医師といろいろ相談しながら決断してみて下さいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top