Read Article

女性の「厄年」!!厄年に出産すると厄落としになる?


旦那と赤ちゃんと神社に初詣に行ってきました♪行列に並んでいる途中、境内に大きな掲示板が・・・何々「厄年?」その掲示板には、女性と男性の厄年の年齢が書いてありました。

厄年(本厄)
■男性(数え年で)・・・25歳、42歳、61歳の時
■女性(数え年で)・・・19歳、33歳、37歳、61歳の時そして、その前後に「前厄」と「後厄」があります。3年間も・・・((+_+))

私来年「厄年!?ってか今年、既に前厄なのぉ?」とビックリしました!「厄年」ってよく分からないけど・・・なんだか奇妙だしこわい、関係ない!って思いたいけど何だか心に引っ掛かります。ほんといっその事「厄年」なんてなければいいのに!と思いますね。

またなんとなく聞いたことがあった「厄年に出産すると厄落としになる」って言葉を信じて、来年2人目の出産出来たらと考えている私ですが・・・本当のところどうなのか気になったのでいろいろと調べて、まとめてみました。


 

  Sponsored Links

 

 厄年とは?

厄年とは、平安時代には既にあったとされている古くからの風習です。「厄災が多く降りかかるといわれる年齢のこと」です。厄災とは、病気になったり怪我をしたり、仕事や家庭のトラブル、生活に困窮するなどのあらゆる災い事を指します。
厄払い鳥居

女性は、19歳、33歳、37歳、61歳の時に厄年ですが・・・その中で1番気を付けなくてはいけないとされているのが「33歳」だそうです。「33歳」の時は、「大厄」と呼ばれ、一生のうちで一番大きな厄災が降りかかるとされています。33「散々」と語呂では言われています。

ただ様々な解釈があり、地方や神社仏閣によっても違いがあるようで、「厄年」の明確な根拠が残っているわけでもないので、風習や言い伝えによって、今日まで伝わってきているただの伝承ということです。

つまり気持ちの問題と言うことにはなりますが・・・

日本には、「げんを担ぐ」や「縁起を担ぐ」と言う言葉がありますね!私たちは、初詣に行ったり、節分では豆まきをして福をよんでみたり、お守りを買ったり、その他にも色々とあると思いますが、全ては「縁起を担ぐ気持ち」からだと思います。「厄年に厄払い」をすることでなんとなくそういった意味でも安心は出来ますね!気持ちの問題ですが。

私は、毎朝のTVの占いでも良かったりしたら「ラッキー☆」と喜ぶタイプなので、なんとなく厄年に対しても「厄払い」したいなぁ~なんて思ってしまいます。

 

また「厄年」の別の考え方としては・・・
・19歳・・・出産に向けて体が整う時期
・37歳・・・高齢出産や体力が少し衰え体調を崩しやすい時期
・33歳・・・子育てや仕事でとても大変な時期

人生の中で「身体的、精神的、社会的に節目を迎える年」が何回かあり、その節目の歳を「厄年」として、身を慎み精神を落ち着かせて過ごすことによって健康で無事に過ごすことができるとも考えられているようです。

  Sponsored Links

「厄年に出産する」とどうなるの?

子供の頃から、なんとなく聞いたことのあった「厄年に出産すると、親の厄払いになるという話」実際はどうなんでしょうか?産んでも良いのか気になったので、いろいろと調べてみました!まず結論から言えば、厄年の時に子供を産んでも特に何ら問題はありません!!明確な科学的根拠も、また統計があるわけでもないので、特に妊娠や出産をしても問題ないんです!!

 

ただ昔の「良い言われ」と「よくない言われ」があることが分かったので、それぞれどうなのかお伝えします。

【良い言われ】
「本厄の年に子供を産むと厄落としになる(悪い事から逃れられる)」「厄年での出産は、災い転じて福となす♪」
私はこちらを信じます!!こうなったら信じた者勝ちですよ(^^♪

 

【よくない言われ】
「男児を出産した時だけ厄払いになる、親の厄払いは出来ても子に厄がかかる」

※ただそもそもの「厄年」自体に明確な科学的根拠がないので、これも実態のない伝承ということになります。そうは言っても、せっかく産んだ可愛いわが子に厄がかかると言うのは、いくら言い伝えでも気持ちのいいものではありませんね!!そこで生まれた子の厄払いの方法があるようなので、気になる方はやってみられてもいいかもしれません。

 

■生まれた子の厄払いの方法(捨て子の儀式)
親が厄年の時に生まれた子供を 一度「捨て子」として捨てる素振りをして、再び「もらい子」として拾いなおすという風習があったそうです。
一度子供を捨てる事で、一緒に厄も捨て去る」という意味があるようです。
① お母さんが子供を神社に置きます。(捨てるという意味になります)
② そのまま親は振り返らず、家に帰ります。
③ 直後に、あらかじめ打ち合わせてある知人が子供を拾い上げてから、本当の親のところに返しに行きます。

※これをされる場合は、知り合いの協力を得て行って下さいね!また最近は物騒なこともありますし、あくまで昔の風習・儀式なので、本当に目を離すようなことはしない方が良いと思います!!心配ですので!! 私がもしする場合は、それっぽい感じでやったとしても、子供から目は離さないようにしようと思っています(^^♪

お城◆ちなみに「捨て子は立派に育つ!」ともいわれているそうです!!徳川吉宗や豊臣秀吉の子供(豊臣秀頼)もこの捨て子の儀式を行ったとされていますよ。

 
 
やっぱりそれでも気になる!と言う方は厄払いされるのが一番だと思います。(^^♪

厄払いの方法は→こちら
 

最後に

いかがでしたでしょうか?

厄年には明確な根拠がないので、まずは安心してください!!ただ人生の節目である厄年・・・「この年齢になると体が疲れやすくなったり、心配事が増えたりする年齢です。それらを前もって知っておき、気持ちを落ち着かせる!」と考えるといいでしょう!女性の場合は、30歳を過ぎたら乳がんなど女性特有の病気にも注意しなければいけませんので、「厄落とし」の意味も込めて健康診断を受けるのもおすすめです。

厄払いは、人それぞれで「本厄だろうがなんだろうが関係ない」と言う人もいますし、知らないうちに過ぎていたということもあります。気になる方は気持ちの面でも安心できますので厄払いをされたら良いと思います。

大事なことは、少し気に留めて、でもあまり気にしない!というのが1番なんだと思います(^^♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top